よくある質問

顔全体の細かなしわの改善方法を教えて

Q: 最近鏡をみて、
顔全体に細かいしわがあるのが気になりはじめました。

顔全体の細かいしわの改善方法がありますか?

もしいい方法があれば教えてください。(35歳女性)


顔全体の細かなしわの原因は、日頃のケア不足です。

女性13

A:加齢と、日頃のケアが足りてないから


35歳から気になりだした、顔全体の細かいしわ…

今までなかったのにどうして?

それは加齢と、日頃のケアが足りてないからです。

そのためにはまず肌の保湿をしなければなりません。

化粧水や保湿マスクがおすすめです。

でもただつければいいのではなく、『肌が水分を含んだ』とわかるように、保湿しましょう。

でも乾燥してしまう肌質があります。

いくら保湿しても、しわが出来る…。

この場合は、肌のバリア機能が低下しているかもしれません。

実は以前の私は、肌バリアが壊れており、保湿しても常に乾燥…しわができてしまう肌質でした。

ここでは、私が35歳から気になりだした、顏全体の細かいしわを改善するための、肌バリアを守って、しわを改善できた方法について、紹介したいと思います。



しわを改善できる肌バリアとは?

35歳から気になりだしたしわを改善できる肌バリアとは?

肌バリアは、ヒトが生まれながら持っている、皮脂からできた膜です。肌バリアは、肌を紫外線や乾燥から守り、肌の水分を保持する役目があります。

肌バリアが壊れていては、いくら化粧水やマスクで保湿しても、すべてダダ漏れに…。

特に顔全体にシワがある人は、肌バリアが壊れている可能性がありますよ。

以前の私がそうでした…。いい美容液を使っても、すべてが無意味だったんです。

肌バリアは、アンチエイジングや美肌の基本中の基本です。

そのために肌バリアを壊さないケアをやらなくてはなりません。

ここからは、肌バリア機能を高めて、しわ改善する方法について、紹介しましょう。


肌バリア機能を守りながら洗顔

肌バリア機能を守りながら、洗顔してしわを改善する方法

肌バリア機能を守る洗顔は、しわを改善できます。

クレンジング剤は、クリームタイプがおすすめです。

オイルクレンジングは、肌バリアごと取り去ってしまうので、やめましょう。

私もオイルタイプを使っていた時は、クレンジング後、すぐにしわが出ました。

ダブルクレンジングはやめ、夜はクレンジング剤だけ、朝は水だけ洗顔にしましょう。

ダブルクレンジングは、肌バリアまで取り去ってしまいます。

ぬるま湯か水を使ってやりましょう。

熱いお湯は、肌バリアを取り去ってしまいます。

私もお湯洗顔やダブルクレンジングをやっていたときは、すぐしわができましたよ。

クレンジングや洗顔は、肌バリア機能を弱めてしまう一番の原因です。

しわをなくすためには、洗顔を正しくやりましょうね。

これだけでも気をつければ、大きく改善できます。

私もこれだけで、顔の細かなしわを、改善できたんですよ。


お顔の細かなしわの改善策まとめ

35歳からの顔全体のしわは、老化が原因です。

それを促進しているのが、肌バリア機能の衰え。

若くても肌バリア機能が弱ければ、しわになりやすいです。

私もどうして自分ばかりがしわになりやすいのか…

いろいろ調べ、たどりついたのが肌バリア機能の衰えでした。

とにかく乾かさない、刺激を与えすぎない。

この2つを守れば、肌バリアが本来の力を発揮して、スキンケア効果を高めてくれますよ。

必ず守りましょうね。


この寒い札幌で、今までの自分史上最高の肌質をキープができているのは、【ラミューテ】のおかげです!!

写真①

今回はラミューテの体験をさせて頂きました。ダマスクローズの香りに癒され毎日のお手入れが至福のひと時でした。

ラミューテの商品は高額ですが、値段が張るだけあり使い心地と肌への効果は最高でした!

この寒くて乾燥する季節にも関わらず今までの自分史上最高の肌コンディションをキープできているのはラミューテのおかげです。

乾燥が気になる方や加齢による肌の疲れが気になる方にピッタリの商品だと思います。その使い心地と効果にすっかりファンになり、今使っているものがなくなったら自腹買いしようと心に決めた商品です。

肌限定スターターキット

icon01_grn_ym.gifコスメモニターがおすすめのコスメランキング【カテゴリー別】

※記事が役に立ちましたら応援のポチをお願いいたします。↓↓↓
コスメモニターの皆様もこのページへ来たらご協力の愛のポチを↓↓↓ほぼ強制!!(笑)

ラミューテで「大人ニキビが消えた」口コミまとめ

ラミューテ3

ラミューテを使ったモニターさんの「大人ニキビが消えた」という口コミや評判をまとめてみました。「大人ニキビが消える」とうのにも二種類あるようで、「今ある大人ニキビが消えた」と言う方と「大人ニキビができにくくなった」という方、二種類の方がいるようで・・・