背中ニキビとビタミンBの関係

画像の説明

背中ニキビができる原因はいろいろあります。そして、背中ニキビの予防方法もいろいろあります。乾燥を防ぐ、保湿をしっかりする、脂っこい食べ物を食べ過ぎない、喫煙をしないなどいろいろなことが挙げられますが、その予防方法の一つとして、ビタミンBを摂取するということがあります。


ビタミンCを摂取すると良いというのは、皆さんもご存知だと思います。ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせなかったり、抗酸化作用があるなど、ほかにも小じわ治療や美白効果もあるとされ、背中ニキビを治療するためにも必要な栄養素です。では、ビタミンBについてはどの程度ご存知でしょうか。


ビタミンBは、背中ニキビの予防には欠かせないものですので、どのような効果があるのか説明していきたいと思います。

脂肪のとりすぎで消費されるビタミンB

画像の説明

ビタミンBは、脂肪をとりすぎるとどんどん使われてしまいますので、不足しがちな栄養素です。さらに、ダイエットなどをしている方や偏食気味な方もビタミン不足になりがちですので、積極的に取り入れていかなくてはいけません。


ビタミンB群にはいろいろな種類がありますが、その中でもビタミンB6には肌や皮膚を健康な状態に保つためにとても必要な栄養素で、皮膚の抵抗力を高めてくれる働きがあります。


皮膚の抵抗力が上がるということは、背中ニキビの予防にもなりますし、背中だけでなくいろいろな箇所にできる皮膚疾患を予防することもできますので、どんどん
取り入れてほしい栄養素です。

ビタミンB2は皮膚を再生する働きもある。

さらに、ビタミンB2には皮膚を再生する働きもありますし、皮膚の成長を促してくれる作用もあります。そして肌のターンオーバーに必要な新陳代謝を活発にしてくれますので、背中ニキビを予防するには欠かせないビタミン群となっています。


あと、脂肪を燃焼させるというところでビタミンB2が効果的ですし、ビタミンB5も脂肪燃焼の手助けをしてくれる栄養素です。代謝と言えばビタミンB1は、糖分の代謝には欠かせない栄養素です。とにかく、代謝が悪くなると皮膚にも影響が出やすく、ニキビが発生しやすい状況になってきますので、積極的にビタミン群を取り入れる
食生活を心がけましょう。


ビタミン群のお話をしましたが、中でもビタミンB群は肌や皮膚に密接に関係している栄養素ばかりですので、ビタミンB2を取り入れることが大切です。ビタミンB2を多く含む食材はいろいろあります。


よく耳にする食材としては、いかなごやうなぎ、たらこ、ぶり、からすみ、ずわいがに、いくら、味付け海苔などの海苔類、肉類は、豚・牛・鶏の肝臓やフォアグラ、脱脂粉乳、パルメザンチーズ、うずらの卵や鶏卵、アーモンド、納豆、唐辛子などが挙げられます。


これらの食材をうまく食事に取り入れて、バランスの良い食事を心がけ、背中ニキビが出来てしまった人も、まだ出来ていない人も背中ニキビに効果がある食材ですので、積極的に取り入れていただきたいと思います。

関連ページ