洗顔石鹸 ニキビ

私たちの肌は28日周期でターンオーバーを繰り返し、新しい肌へと生まれ変わっています。

ニキビは、このターンオーバーがうまくいかず、お肌にトラブルが起こった部分の皮脂が異常に分泌され、その皮脂が詰まってニキビになってしまうのです。

この肌トラブルの原因で多いのは、実は洗顔による強すぎる刺激が問題なのです。

そこでお肌に刺激の少ない成分で作られている洗顔石鹸がお勧めです。

なぜニキビ肌に洗顔石鹸が効果的なのか

ニキビの最大の原因は、強すぎる洗浄力によって皮膚がダメージを受けてしまうことです。

過度に洗浄されたことにより、足りなくなった皮脂を補うように、異常な皮脂の分泌を続けます。

「ニキビは毛穴に皮脂が詰まったもの」という認識だけが広まり、皮脂はニキビの敵のように思われがちですが、適度な皮脂は健康的な肌に必要なものです。

間違った洗顔料選びは肌に必要な分の皮脂まで落としてしまい、その結果肌が乾燥し、乾燥を補うようにどんどん皮脂が分泌され続けてしまいます。

それだけでなく、角質も硬くなり、うまくターンオーバーが出来なくなった肌は、皮脂が滞りますます毛穴を詰まらせる原因となってしまうケースが少なくありません。

強力な洗浄力を持ったクレンジングや洗顔料は、ふわりと泡立てても直接肌への刺激が強く、ぬるつきをしっかり落とそうと、ついごしごし洗いをしてしまいがちになります。

洗顔石鹸は、ふわふわで弾力のある泡を使って皮膚の汚れを包み込むように落としてくれて、すっきりとした洗いあがりになり、肌へのダメージが最小限に抑えることが出来ます。

また、洗顔石鹸の成分自体がお肌に優しい成分で出来ているので、お肌の角質層が正しく成長し、滑らかでニキビの出来にくい肌へと生まれ変わるのを助けてくれる効果が期待できるのです。

ニキビを防ぐ洗顔石鹸での洗顔の仕方

ニキビには「思春期ニキビ」や「大人ニキビ」「背中ニキビ」など様々種類がありますが、共通して言えるのはニキビ肌はとてもデリケートだということです。

そのため、肌になるべく刺激の少ない洗顔方法が重要となり、しっかりと余分な皮脂を取り除き、肌本来の持っているうるおいを維持できるような洗顔石鹸が望ましいでしょう。

合成界面活性剤の含まれていない自然の成分から作られた、お肌に優しい洗顔石鹸を選びましょう。

基本、洗顔は朝晩の2度で十分といわれています。
部活や真夏など沢山汗をかき、汚れや皮脂がどうしても気になる場合はもう一度プラスするといいでしょう。

ひと肌程度のぬるま湯で顔を軽く洗い流した後、泡立てネットなどできめ細やかな泡をたっぷりと作り、手ではなく泡で洗顔する意識で汚れを包み込むように洗いましょう。

すすぎはごしごしこすらずに、たっぷりしっかりと泡を残さないようにすすぎ、清潔なタオルを押し当てるようにして水気をふき取ります。

毎日の努力と肌に優しい洗顔石鹸で、ニキビのない健康的な肌を育てましょう。

関連ページ