早速エトヴォスを使ってみました

使い方がわかったところで、ウキウキしながら化粧水を付けて、日焼け止めをつけて(ほうれい線の予防で、日差しの弱い季節でもつけるようにしています)いざ、使ってみることにしました。


まずは、下地となるナイトミネラルファンデーションを付けていきます。ナイトミネラルファンデーションは白い(本当に真っ白です)ので白くなりすぎないか不安でしたが、この下地のファンデーションを付けないと化粧のもちが悪くなるので、まずは下地のファンデーションを恐る恐るつけてみました。


つけすぎないように、少しだけファンデーションの蓋に粉を落としてブラシに少し付くようにして肌に付けてみると、なんとなくラメっぽい感じでしたが伸ばしていくうちにラメっぽい感じも消えて、全く白くなることもありませんでした。

「あれ?付け方が少なかったかな?」


と思い、次はもう少し多めにしてみました。それを次は反対の頬に付けてみるとこれも最初は白かったのですが、伸ばしていくと全く白くならずに、肌が整ったような感じになりました。

「パウダリーファンデーションって、
かなり薄付きに塗ることもできるんだ」
と発見。

いよいよマットムースミネラルファンデーションです。

下地のナイトミネラルファンデーションを塗り終わったので、いよいよマットスムースミネラルファンデーションを使ってみることに。


自分の肌の色に合わせて注文したので大丈夫だとは思うのですが、とにかく始めて使うので、あまりつけすぎないように注意しながら、下地の時と同じようにファンデーションの蓋に少量とって、ブラシにも少量つけるようにして、肌に乗せてみました。


乗せた直後はもちろん白っぽくなりますが、伸ばすと「ん?ついてるの?」というくらい薄付きになりました。「これは、足りていないのかな?でも、見た感じ肌のキメは整っているように見えるし・・・」これでいいのかな?と思い、とりあえず顔全体に同じように付けてみました。


薄付きなので最初はわかりにくかったのですが、全体を塗ってみると、とてもナチュラルで塗りすぎることもなく、毛穴も隠れているし、何よりいつものファンデーションに比べて透明感が全く違いました。

ETOVOSは薄付きでも十分

もう少しつけてもいいかなと思いましたが、薄付きでも十分肌の質感が変わりました。下地にラメっぽいものが入っていたからか、肌のトーンが自然にワントーン明るくなったような感じで、いつもと顔まで変わったように感じます。


コンパクト型のファンデーションの時は、薄付きにしようと思ってもここまで薄くすると地肌っぽくなって、キメも細かくなかったですし、厚塗りまではしませんが、薄付きにすることがなかなかできませんでした。


しかし、ETVOSのファンデーションはかなりの薄付きでも自然にキメが整い、とても軽く感じました。その上、ワントーン上がったように見えるますし、パウダリーファンデーションですから時間がないときでもササッとできますから、これからも重宝すると思います。ただ、使い方に慣れるまでは、どれくらいパウダーをつければいいのかなどがありますから、少し時間はかかるかもしれませんね。


エトヴォス

icon01_grn_ym.gifコスメモニターがおすすめのコスメランキング【カテゴリー別】

画像の説明

関連ページ