画像の説明

敏感肌におすすめの洗顔石鹸について紹介します。ferice

私はVCOマイルドソープという石鹸をモニターさせて頂きました。そのときに敏感肌について調べてみたので、体験をあわせながら紹介したいと思います。

icon01_grn_ym.gifvcoマイルドソープの体験記事はこちら>VCOマイルドソープのモニター報告

画像の説明

アトピー肌やニキビ肌、紫外線に弱く赤くなる肌を持つ人はよく敏感肌として認識されていますが、実は敏感肌という定義はないんだそうです。

一般的には強い洗浄力を持つ洗顔料や化粧品に反応して肌が荒れたり、カレーなどの刺激物を食べた時にも顔が真っ赤になったりということが多くみられる症状ですが、これらは主に肌の乾燥からくるものと考えられています。

乾燥肌は、皮膚の表面や角質層のうるおいが不足し、正常な肌状態にないために肌のバリア機能がうまく働かず、外部からの刺激を受けやすくなります。

食べ物やアレルギー反応の場合にも敏感肌と同じく、外からの異物に対して肌の抵抗が弱まっているために痒みが出たり、ピリピリしたりしてしまうのだそうです。

乾燥肌の一番の原因は洗顔のし過ぎ

乾燥肌の一番の原因は洗顔のし過ぎです。これは洗顔の回数というよりは、間違った洗顔方法によって顔の肌を自ら傷つけてしまっている人が多いのです。

洗顔回数は通常朝晩の2回で良いとされていて、これ以上は洗い過ぎということになります。そして、何で洗うかというのも問題になってくるのですが、洗顔料の強すぎる洗浄力によって毛穴の奥の汚れや余分な皮脂だけでなく、肌のバリアになる必要な分の皮脂まで落としてしまっている可能性があります。

もともと私も乾燥肌ですので、私がモニターさせて頂いたVCOマイルドソープだと1日1回の洗顔で十分なので、洗顔のストレスも減って助かっています。

icon01_grn_ym.gif関連記事>乾燥肌のストレスを減らすことができました。:VCOマイルドソープモニター体験

画像の説明

これを繰り返してしまうと、新しく肌が生まれ変わろうとするターンオーバーの周期も乱れ、健康な肌が育たないために、ダメージを受けた肌がいつまでも表面に残った状態になってしまいます。

乾燥肌を補おうと、入念にスキンケアをしても、ダメージを受けた肌は美容成分が浸透しないので肌質の改善はなかなか難しいのです。まずは健康な肌にしなければダメということですね。

敏感肌の肌質改善を洗顔石鹸で目指す

敏感肌のもとともいえる乾燥肌は、主に顔を洗い過ぎたために起こることが多くの原因です。肌は本来健康な状態であれば、適度なうるおいと皮脂に守られていて、洗顔しただけの状態や軽めの化粧水で水分補給をするだけでも、つっぱったり乾いた感じはすることがありません。

画像の説明

しかし、間違った洗顔方法や強すぎる洗浄効果の洗顔料によって、必要な分の皮脂まで落としてしまうと肌は乾いてしまいます。乾いた皮膚は、ターンオーバーの周期も乱れさせ、新しい健康な皮膚を作り出すのが遅れることにより、更にダメージを受けるといった悪循環に陥ってしまうのです。

不健康な肌組織にいくら素晴らしい美容液やクリームを刷り込んでも浸透せず、敏感肌の改善にはならないのです。そんな敏感肌をダメージのない肌質に快復するのに洗顔石鹸はもってこいと言えるでしょう。

無添加の洗顔石鹸とは

洗顔石鹸にも様々な商品がありますが、おすすめしたいのは「無添加」や「完全無添加」のものです。

文字通り余計なものが使われていないという洗顔石鹸で、強い洗浄力による肌へのダメージを防ぐことが出来ます。泡立てネットや手でもこもこと泡立てた泡を使い、優しく顔をパックするようにくるくると泡で洗うイメージで洗顔を行うのがポイントです。

画像の説明

優しい成分で出来ている洗顔石鹸でも、洗うときにごしごしとこすってしまっては物理的に皮膚にダメージを与えてしまうので、たっぷりと泡立てましょう。
ちょっと物足りないと感じるかもしれませんが、洗顔石鹸はきめ細かくこしの強い泡がしっかりと汚れを押し出して、余分な皮脂もすっきり洗い流してくれます。

初めは本来受けていたダメージの影響で、少し乾燥感はあるかもしれませんが、その場合はぬるま湯だけで洗ったり、洗顔石鹸を少量にしたりと様子を見るようにしましょう。徐々に健康な肌が出来上がってくるので、それまでの美容液やクリームもしっかり浸透してくれるようになってきます。

敏感肌に良い洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸は昔からの製法で手作りされているものが多く、マイルドな洗い心地で肌への刺激もごく僅かです。

「肌に優しい」「赤ちゃんでも安心」など、魅力的なキャッチコピーや可愛らしいパッケージのものも沢山販売されていて、どれにしようか迷ってしまいますが、購入するときには洗顔石鹸のホームページや商品の成分表示を必ず確認するようにしましょう。

敏感肌は極わずかな刺激にも弱い状態になっているので、なるべく天然由来の原料で作られた洗浄成分の強すぎない物が好ましいため、完全無添加な洗顔石鹸を使用することをおすすめします。

こちらの「コスメモニター広場」というサイトではいろいろな洗顔せっけんを、いろいろなコスメモニターさんが体験しています。私はVCOマイルドソープを体験しましたが、ほかにも評判の良い洗顔石鹸はこれらの洗顔石鹸だそうです。↓↓↓

banner ネットで広告をよく見かけるヴァーナル洗顔石鹸を実際に体験。この値段ならばコスパが・

ヴァーナル洗顔石鹸

banner 奇跡のマリンシルトどろ豆乳石鹸どろあわわ。毛穴の吸引力に体験者さんもびっくり・・・

どろあわわの評判を実感

banner 気になっていたシミそばかすだけでなく、顔全体の肌のくすみが取れてきて明るくなってきました。

VCOマイルドソープ

※記事が役に立ちましたら応援のポチをお願いいたします。↓↓↓
コスメモニターの皆様もこのページへ来たらご協力の愛のポチを↓↓↓ほぼ強制!!(笑)


【この記事を読んだ方はこちらのページも読んでいます。】