良いファンデーションほどきちんとつければ、さらに良く見えるものです。


ETVOSのファンデーションもファンデーション自体はミネラルも豊富で、つけたまま寝てしまったも大丈夫なほど安全なものですので、きちんと付けることで、-5歳肌になれますから、いつもと同じように付けるのではなく、きちんとそのファンデーションに合った付け方をしなくてはいけません。


ましてや、このファンデーションはパウダリーファンデーションですので、粉状のファンデーションは塗りムラなどができる場合もありますから、きちんと付け方をマスターしましょう。

まずは下地のナイトミネラルを付けます。

では、まず下地の方からですが、下地となるナイトミネラルファンデーション(私の場合は乾燥肌用のしっとりタイプのファンデーションキットなので、下地がナイトミネラルファンデーションになっています)を顔に付けていくのですが、まずは化粧水や乳液、日焼け止めなどでファンデーションがつきやすい状態にします。


そこにいきなりマットスムースミネラルファンデーションを塗ってしまうと、塗りムラができてしまいます。塗りムラの原因は、日焼け止めや乳液などの上に直につけてしまうと、ベタベタしている肌の上に乗せるわけですから最初にファンデーションを落としたところは厚くなり、その他のところが薄付きにあるという塗りムラが起こります。


これを防ぐために下地となるナイトミネラルファンデーションで肌をサラサラの状態にしておきます。


ナイトミネラルファンデーションは真っ白ですので、塗って顔が白くならないかと心配かもしれませんが大丈夫です。よほど分厚く塗らない限り顔は白くなりません。普通に塗る程度であれば全く問題ありませんから、心配せずに塗っていきましょう。


塗る時のポイントとしては、ご存知の方は良いのですが、知らない人ために一応書いておきます。ブラシに直接パウダーを付けるのではなく、一度ファンデーションの入っている蓋のほうにパウダーを出します。


真っ逆さまにしても少量ずつしか出ないようになっていますから、心配せずに真っ逆さまにしてポンポンと出していってください。いきなり沢山の量を出すとつけすぎるのではと不安があるのなら少量ずつだしても構いません。蓋に出したら、ブラシで円を書くようにパウダーを付けていきます。


あまりつけすぎたなと思った時は、トントンとブラシを蓋のところで叩くとちょうどよくパウダーが付きますので、それで調整してみてください。あとは、そのまま円を書くように全体に塗っていきます。


この時にブラシを肌に垂直にたてるとチクチクしますので、なでるように塗ってください。下地が塗り終わったら、今度はマットスムースミネラルファンデーションを塗っていきます。


塗る要領は、下地の時と同じですので、同じようにブラシに付けて、同じように円を書くように肌につけて行ってください。塗り終わったら、塗りムラがないかなどを確認してください。使い始めは慣れていないので、一部分にだけつけ過ぎてしまうこともあると思いますから、そういう時はブラシで伸ばせば綺麗に伸びますので、問題ありません。

ピュアアンドシルク 肌触り

関連ページ