パイナップルローション

画像の説明

さいたま市在住:ニコさん(30代)モニター体験
ムダ毛ケアローション【パイナップル豆乳ローション】(その2)


パイナップルローションの開封して使用した感想

私は普段、浴室で

「あーーやだ。もーやだ。ポックリ死ぬまで剃り続ける作業なんて、どんな罰ゲームだよ(半笑)」

なんてボヤキながら、

もし自分が要介護になった時、介護士さんたちは私の剛毛を剃ってくれるまではしてくれないだろうな…そうすると確実に晒されるのだろうなぁ…

と、そんな将来を考えては本気でおびえているのですが、今日は剃るのが楽しくて仕方がありません♪

画像の説明

ツルツルになった脚と腕。
永久にこのままの状態が維持できたらいいのに…(ため息)

豆乳ローションは、そんな私の脳内お花畑な期待に応えてくれるといいな~とウキウキしながら、早速使用していきます。

画像の説明

使用量の目安は500円玉大とのこと。
掌にとって、乾燥して角質のヒビ割れがガッツリ浮いてる肌に、しっかり浸透させていきます。

画像の説明

次に、浸透したらたっぷり2、3回重ね塗りをしましょうと書いてあるので、気になる脛、ヒジ前腕にたっぷり塗っていきます。
今回は違いがわかるよう、左腕、脚のみに使用していきたいと思います。

パイナップルローションの使用経過と感想

まず、豆乳ローションを使用する前の私のムダ毛具合です。

今は冬なので、毛の生えるサイクルもビミョーに縮こまっているらしく、3、4日くらいに1回剃るサイクルですが、夏だとこうはいきません。2日に1ぺんじゃないとキツイですね(涙)

画像の説明

…まるで、誰も近づかない

画像の説明

廃墟の荒れ果てた砂漠の墓地に生える雑草みたいです(ToT)

この雑草を刈り取って、毛の生える促進を抑えてくれるローションを染み込ませていきます。

画像の説明

大豆のイソフラボンとパイナップルエキスとパパイン酵素を少しずつ浸透させていきます。

大事なのは、毎日使い続けることだそうです。実感としては、風呂上がりの毛穴が開いてる時が一番染み込みやすいです。

ローションは、口コミにもあったように、とてもサラリとしていてパシャパシャ使えます。

ニオイは、ちょっと独特です。豆腐のような甘さのニオイの中にフルーツっぽい香りがするので、香りに関しては好みが分かれるかもしれません。

でも、通常のローションは肌を潤す効果しかないのに対し、ムダ毛ケアまでできることを考えれば、断然お得です♪

画像の説明パイナップル豆乳ローションの公式サイトはこちら

前の記事はこちら
お手軽・簡単で痛みや肌トラブルにならないムダ毛ケアローションをモニター体験

次の記事はこちら
パイナップルローション 効果なし

※記事が役に立ちましたら応援のポチをお願いいたします。↓↓↓
コスメモニターの皆様もこのページへ来たらご協力の愛のポチを↓↓↓ほぼ強制!!(笑)


【この記事を読んだ方はこちらのページも読んでいます。】