ハイドロキノンとは

ハイドロキノンは、イチゴやコーヒー、麦芽などに含まれる天然成分です。

還元作用があるため写真の現像に使われていたのですが、現像していた人たちの肌が白くなったことにより「美白作用」があることが発見されました。

日本では、管理の難しさによって医師の処方でのみ使われていた成分ですが、2001年からの薬事法規制緩和によって化粧品にも使用されるようになりました。

ハイドロキノンの美白効果はコウジ酸やアルブチンの10倍から100倍と言われており、美容通の間でかなり注目されている成分です。

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンは、美白成分として知られ、”お肌の美白剤”と言われることもある成分です。

なぜならハイドロキノンはもともとゴムの酸化防止剤として使われていた成分で、写真の現像にも使われていました。

酸化防止剤というのは酸化(いわゆる老化)を抑える作用をもつ、ということであり、その酸化防止作用のほかに、シミの原因であるメラニンを生成する酵素チロジナーゼの働きを阻害したり、メラニンそのものに働きかけて減少させる効果も期待できるのです。

つまり、酸化(錆び)防止とシミ抑制効果、ふたつの作用からお肌の美白剤と呼ばれるようになったのですね。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンは美白成分としてかなり有効な成分ではありますが、副作用が起こることもあります。

基本的につけて24時間以内になにも問題がないようであれば、副作用は起きないとされていますが、赤くなってしまったり腫れてしまったりした場合はしばらく使用を中止しましょう。

何日か経過したのち、つけてみてなにも起こらなかったら大丈夫です。

また、ハイドロキノン以外の化粧品との相性によってかゆみや赤みがあらわれることもあるので注意が必要です。

また、ハイドロキノン塗布後、紫外線を浴びる場合は必ず日焼け止めを塗りましょう。

日焼け止めを塗らないとかえってシミが濃くなってしまうことも・・・。UVケアが出来ない場合や長時間紫外線を浴びることがわかっている日などは、夜のお手入れにのみハイドロキノンを使用したほうが無難かもしれません。

関連ページ