ジュエルレインと市販薬の違い

2梱包内容1-1

ジュエルレインの効果の高さは使ってみた人たちの91%の方が満足しているという評判でもわかります。


実際にモニターさんへ使っていただきましたが、充分に効果に満足されています。

(関連記事⇒ジュエルレインの評判を実体験


ジュエルレインのホームページを見てみても、予防にも効果がありますし、できてしまったにきびにも有効です。背中にきびのケア商品としてネットで人気のジュエルレインですが、市販薬との違いは一体何なのでしょうか。

ジュエルレインは医薬部外品

まず、ジュエルレインは「医薬部外品」に相当します。そしてもう一つ、厚生労働省が薬として認めているのが「医薬品」です。ということは、ジュエルレインは薬ではないということです。


ジュエルレインのような医薬部外品にはドリンク剤や、歯磨き粉、化粧水、日焼け止めクリームなどがあります。この名前を見てもわかるように、薬品ほどの影響を及ぼすものではないということです。


ただ、医薬部外品(厚生労働省が薬と認定していない商品)でも、薬に匹敵するほどの効果がある商品があります。例えば、プラセンタもそうですね。プラセンタは普通に薬局に並んでいますが、医薬部外品のものがほとんどです。しかし、プラセンタはその効果の高さからとても人気が高まり、今ではなくてはならない存在となっている人もいるのではないでしょうか。


それと同じようにジュエルレインも背中にきびのケア商品としては市販薬と比較しても匹敵するほどの効果が期待できます。しかし、薬というのはさすが厚生労働省が認定しているだけのことはあるので、使用を始めると効果が出るのは早いです。
3開封感想2-3


しかし、治りが早いのかというとそうでもないのです。薬の大きな特徴は「早い効き目」です。素早く効いてくれなくては薬の意味がありませんから。しかし、背中にきびはなかなか治りにくいもので、病院に通っても半年~1年ほどかかるものですので、この長期間薬を飲み続けると効果も薄れてきます。


さらに背中にきびを治すために抗生物質を飲みますので、この抗生物質はすべてのアクネ菌に効くわけではありませんから、逆に薬によって体の違う場所に異変が起こってしまったりします。これはよくある話です。

ジュエルレインは長期使用を目的としているので安心

その点、ジュエルレインは肌に合う合わないはありますが(薬も体質に合う、合わないがあるので同じです)、長期間続けて使うということを想定して作られていますから、安心して使い続けることができるのが利点です。

ジュエルレイン5-2-3
手のくすみも消えたジュエルレイン(関連記事⇒ジュエルレインの評判を実体験

薬には副作用があります。そのため気をつけて使わなければいけないということで、医薬品として厚生労働省が認定しているのです。歯磨き粉を長期間続けて使って体調が悪くなりましたか?日焼け止めクリームや化粧水も肌の質によって使えない人はいると思いますが、長期間使っても問題ないです。化粧水は毎日塗ります。


私は日焼け止めクリームも毎日塗ります。しかし体調が悪くなったことはありません。医薬部外品は、そのような心配がないので安心して使えます。さらにジュエルレインは、医薬品ほどの効果が出ている商品ですので、人気があがってくるのもうなずけますね。

関連ページ