画像の説明

最近では食品だけでなく、毎日肌に触れるコスメや洗顔石鹸でもオーガニックという言葉を耳にする機会が多くなってきました。

安心・安全で効果が高く、原料の植物の自然の力が肌本来の美しさを引き出してくれるといったイメージがあり、環境にも優しいのが魅力的です。

肌に優しいだけでなく、人間の体にとって有益で、自ら作り出すことのできない抗酸化物質を豊富に含んだ植物の成分は、アンチエイジングにも非常に高い効果が期待できるのです。

オーガニックの洗顔石鹸は、植物のもともと持てる力強い効能を、化学的な物質によって打ち消されることなくダイレクトに肌から吸収することが出来る素晴らしい物と言っても過言ではありません。

オーガニックなコスメとは?

食品にもあるオーガニックという言葉ですが、農薬や化学肥料を使用せず、遺伝子操作をしない有機栽培によってつくられた植物から製品化したものが「オーガニック」ということになります。

しかしながら、日本にはまだコスメでのオーガニック認証機関が無く、基準が曖昧となっていて、はっきりとした区別がつけるのが難しいのが現状です。

僅かにオーガニックを含むものでも「オーガニック」として大々的に販売されていたり、また逆にあえてオーガニックを名前として出さずに高いクオリティーの商品を作り出しているところもあるのです。

日本に輸入されているオーガニックの洗顔石鹸の中には、その国々の厳しいオーガニック認定を受けた物が安心して使用できるのではないでしょうか。

主なものとしては、USDA(アメリカ)、HOFA(ハワイ)、BDIH(ドイツ)、ECOCERT(フランス)といった認定機関があります。

オーガニックの洗顔石鹸の選び方

せっかく魅力的なオーガニックの洗顔石鹸の事を知っていても、洗顔石鹸選びに失敗してしまっては本末転倒です。

海外のオーガニック認定を受けている洗顔石鹸はパッケージなどに表記されているのでわかり易いのですが、日本では今現在、しっかりとしたオーガニック認定機関がありませんので、自分の目でチェックして本当のオーガニックの洗顔石鹸を選ぶ必要があります。

商品の箱やホームページなどに、契約農家や無農薬栽培・有機栽培された原料から作られているかなど原料に対するこだわりなどが確認できる製品をまずチェックしたいところです。

そして、オーガニックの物を使用していても、合成界面活性剤やパラベン、鉱物油などが使用されていては肌へ優しいとは言えません。

また、つい惹かれてしまいがちですが「肌に優しい」「敏感肌でも安心」などのキャッチコピーや綺麗なパッケージのデザインに惑わされることのないように、使用されている成分にも目を通して内容を知ることが大事です。

自然の恵みがいっぱいで、環境も肌も喜ぶオーガニックな洗顔石鹸を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

icon01_grn_ym.gifコスメモニターがおすすめのコスメランキング【カテゴリー別】

画像の説明

関連ページ

30代に人気の洗顔石鹸ランキング
どろあわわ 口コミ
ヴァーナル石鹸とは
敏感肌にもおすすめのヴァーナル「センシティブザイフ」
毛穴 スキンケア 人気
洗顔石鹸 モニター