▼オールインワン ▼ニキビ ▼ヘアケア ▼プラセンタ ▼ほうれい線・リフトアップ ▼クレンジング ▼洗顔 ▼毛穴ケア ▼美白 ▼敏感肌モニターのおすすめ

アスタリフト お試しセット 口コミ

画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明

アスタリフトの愛用者の私が「アスタリフトお試しセット」を体験したいとおもったわけ

以前からひそかに気になっていた、アスタリフトの五日分ベーシックトライアルキット。

アスタリフト口コミ2

そもそも私はアスタリフトのユーザーでローションや美容液には日々お世話になっていますし、クリームも時々使わせてもらっています。

そんな私が何故このトライアルキットが気になるかといえば、まず何といってもそのお得感。

  • 先行美容液ジェリーアクアリスタ12,960円
  • ローション4,104円
  • 美容液エッセンスデスティニー6,480円
  • クリーム5,400円

通常価格だと計28,944円となかなかのお値段のするこれら四点が五日分たっぷり使えるセット。

しかもこのアスタリフトのお試しセットは、なんとたった千円という魅力的なコストパフォーマンス。

美容にもそれに掛けるお金にもシビアな女性には大変嬉しい商品では、前々から気になっていたのが、このアスタリフトのお試しセットなんです。

アスタリフト


一番気になっていたのは「アクアリスタ」

そしてもう一つ注目すべき点は、このお試しキットの中に含まれている先行美容液「アクアリスタ」の存在。

アクアリスト

肌のお手入れ手順として洗顔の後、まず最初に使うのは化粧水というのが一般的ですよね。

先行美容液とは文字通り化粧水を使うその前に、先行してお肌に乗せる美容液。

これを使うことにより洗い立ての敏感な肌の調子を整え、その後の化粧水や乳液の浸透を良くし効果を格段にアップしてくれます。

個人的に発売当初からかなり気になっていたこの商品。

でもそれなりにお値段がはることもあり、今まで試供品くらいでしかお試ししたことがなかったんですよね。

それがこのトライアルキットでは贅沢に五日間も使えてしまう訳ですから、気にならない筈がありません。

関連ページ・・・>アクアリスタの評価


アスタリフトのお試しセットは到着まで4日間

アスタリフトへの注文の電話では到着までおよそ五日とのお話でしたが、実際には四日で到着しました。

こちらが届いたトライアルキット。

アスタリフトトライアル

パッケージもしっかりしていて、一目でアフタリフトの商品だと分かる点が良いですよね。

外見だけでなく、中身も商品の特徴と使い方の手順が一目瞭然です。

アスタリフト口コミ3

セット一つ一つの内容量はまず先行美容液アクアリスタが一包0.5グラム。朝晩のお手入れでこの一包をそれぞれ使用します。

アスタリフト口コミ4

私を含め初めて商品を使う人は一回の適正量というのが曖昧なものです。

こうしてきちんと小分けされているのは使用量を明確にする以外に、商品をいつも新鮮な状態で使えるという意味でも有り難いサービスだと思います。

お試しセットのローションはタップリ20ミリリットル

次にローションですがこちらは容量20ミリリットル。

アスタリフト口コミ5

一回の使用量が500円玉大ということもあり、かなり容量たっぷりに感じます。

私は手でつけましたが、これだけの容量があればコットンに含ませて使用するのも良いかもしれませんね。

実際、五日分たっぷり使い終わってもまだ容器の三分の一くらいは残っていました。

美容液はちょっと少な目です。

そして美容液エッセンスデスティニー、こちらは容量5ミリリットル。

アスタリフト美容液

美容液という名称ではありますが、実際は乳液の役割に近いものがあります。一回の使用量は一円玉大なので、結構大事に使わないとすぐなくなってしまうのが難点といえば難点かもしれません。

アスタリフトのお試しクリームは十分な量だと思います。

そして最後、クリームの容量は5グラムです。お手入れの総仕上げともいえる化粧品ですね。

アスタリフトクリーム

使用量は「やや大きめのパール粒大」とのことですが、ほんの少量でもかなり伸びるので充分満足できるお試しセットの容量です。


アスタリフトお試しセットの使用方法

アスタリフトお試しセットの使用方法としてはまず先行美容液、次に化粧水、そして美容液で最後にクリームという手順。

パッケージを開いた段階で分かりやすい説明がなされていますが、より詳しい手順を知りたければ同封の「お手入れクイックガイド」を読めば一目瞭然。

アスタリフト口コミ7

手順の他に商品一つ一つの特徴やより効果を高めるためのワンポイントアドバイスが付け加えられているのも有り難いところ。

これまで様々なトライアルキットを試してはきましたが、ここまでユーザー目線に立っている商品というのは実際珍しいと思います。

アスタリフト

前の記事 次の記事

画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明

関連ページ