ほうれい線とタバコ(喫煙)

ほうせい線ができる原因としてはいろいろ上げられます。乾燥や加齢、食事、食生活など、え?と思うような原因でもほうれい線と直結していることがあります。皆さんが知っている原因以外に
ほうれい線に影響が出ると言われている喫煙について、少し説明したいと思います。


タバコを吸うとどうなるかご存知でしょうか。たばこのパッケージに「喫煙はあなたにとって肺気腫を悪化させる危険性を高めます」「未成年者の喫煙は健康に対する悪影響やたばこへの依存を
より強めます」と書かれてありますね。これだけを見てもどうほうれい線と繋がるのかわからないと思います。しかし、喫煙は確実にほうれい線に影響を及ぼします。その理由として「活性酸素」
を発生させるということがあります。活性酸素とは人体を錆びさせる、いわゆる老化させるもので、発生するとよくありません。活性酸素は血液を錆びさせるので血液が錆びると血流が悪くなり
シワの原因になります。ということは、ほうれい線の原因にもなるということです。


さらにタバコを吸うことでビタミンCが大量に破壊されますので、潤いやハリの元となるコラーゲンを生成することのできるビタミンCが破壊されるということは、ハリや潤い、弾力がなくなり、
たるみやシワの原因となりほうれい線ができてしまうというわけです。さらにタバコの煙にはコラーゲンを分解する酵素を活性化させてしまうので、せっかくコラーゲンを作っても酵素の出現で
全て分解されてしまうのです。タバコを吸うと、まず活性酸素を生み出し、血液を錆びさせて血流を悪くしてほうれい線ができる、またビタミンCを破壊してほうれい線ができる、さらに酵素を
活性化させてほうれい線ができる、と、タバコを吸うことでほうれい線ができる原因が危険性がとても多いのです。


さらにタバコはほうれい線だけでなく人体に良い影響を与えることは一つもありません。「百害あって一利なし」と言われているように体を悪くする物質ばかりが含まれています。そして自分
一人だけではなく回りの人にも悪影響を与えるものだということを知っておいてください。タバコの煙である副流煙はタバコを吸っている人の3倍もの悪い影響が出るといわれています。という
ことは、タバコを吸っている人以上に、体に悪い影響を受けているのは、タバコを吸っている人の周りにいる人なのです。ストレスや興味本位からタバコを吸ってしまった人もいると思いますが、
タバコは人体にとって良いことはありませんので、禁煙する方向で考えてみてはいかがでしょうか。


海外では、タバコを吸う行為は麻薬を吸ったり、所持しているよりも罪が思い国もあります。もちろん販売を禁止していますし、所持しているだけで刑務所行きという国もあるくらいですので、
どれくらい人体によくないかと言うこともお分かりいただけるかと思います。日本ではタバコの規制はありませんので危険性を理解していない人が多いとは思いますが、海外ではタバコ吸う
ことで罪になるくらい危険なものだという認識がもたれているということを知っておいてください。

関連ページ