女性が特に気になる「ほうれい線」ですが、ほうれい線というのは年齢が重なるにつれてとても目立ってくるので、特に気になるところです。ほうれい線があるのとないのとでは、あるとかなり老けて見られますから、なんとしてでも消したいと思う人も多いはずです。


ほうれい線を知らない人はいないと思いますが、念のため説明しておくと、小鼻の脇から口元に伸びている2本のシワのことで、このほうれい線ができると老け顔の原因にもなります。年齢と共に出てくるというお話をしましたが、最近では20代前半の方でもほうれい線になやんでいる人がいるようですね。


では、ほうれい線のことを少し詳しく説明したいと思います。口元の2本のシワと言ってしまえばそれで終わりなのですが、少し補足したいと思います。

ほうれい線の起りは中国の面相学

ほうれい線とは漢字で「豊麗線」や「法令線」「豊齢線」などと書きます。なぜこんなにいろいろな漢字があるのかですが、このほうれい線は中国の面相学が語源になっています。正しくは法令紋と言われており、豊麗線や豊齢線は当て字として使われているのです。たまに「頬齢線」と書いてあるのを見ますが、語源としては間違っているそうです。


英語で書くと「nasolabial fold」となり、医学の分野では鼻唇溝(びしんこう)と呼ばれています。美容外科などで専門用語で使われているようですね。通常であれば加齢が原因で中年以降に目立ってくることが多いのですが、加齢のほかにもさまざまな環境や栄養状態、生活習慣などで若年期に目だってしまう人もいるそうです。


最近、この若年期にほうれい線が出てくる人が多くいろいろな解消法がとりざたされています。テレビなどでもほうれい線の解消法などが紹介されていますが、「美魔女」が行ったほうれい線の予防法やマッサージなどが、とても話題になっています。

ほうれい線の対処法

ほうれい線の対処ほうとしては、線がくっきりできてしまってからではなく、うっすら線ができてきたときにマッサージや顔体操などで対処することで、ほうれい線は目立たなくなるそうですが、あくまでもできてしまう前の対処が肝心ですので、できてしまった後となると、消すのも一苦労です。


しかし、ほうれい線がうっすらできた時というのも、毎日ほうれい線ができていないか気にしながら鏡を見ている人でないと、なかなか気づかないものです。「あれ?」と思った時には意外と溝も深くなってしまっていることが多いので、女性の場合は特にほうれい線は見た目を老け顔にしてしまうものですから、日ごろから注意して鏡を見ているほうがいいと思います。


ほうれい線にもできる原因によっていろいろなタイプがありますので、そのタイプにあったほうれい線の対処法をしなくては、なかなか消えません。タイプも自分の生活習慣や体質などでチェックすることができますので、しっかりと自分がどのタイプのほうれい線なのかを把握して対処するようにしましょう。

関連ページ