ほうれい線は加齢によるものだけだと思っていませんか?最近20代後半の方でもほうれい線に悩んでいる人がいると言います。もちろん30代に入ればほうれい線のケアは無視できない年齢となってきます。シミやシワも老けて見られるかもしれませんが、ほうれい線ができるだけで実年齢より10歳も老けて見られるので、放ってはおけません。


20代後半や30代の若い年代の人にほうれい線ができるのは加齢ではありませんね。では、そんな若い世代の人にほうれい線ができるのはなぜなのでしょうか。実は、ほうれい線ができやすい人の条件があるのです。


ほうれい線ができやすい人の条件を書いていきますので、もし条件に当てはまる人は対処法も載せておきますので実行してみてください。

ほうれい線ができやすい人のチェック項目

①丸顔 
②頬を摘んでみてください。プ二プ二して柔らかいですか 
③ダイエットを繰り返し、痩せたり太ったりしている 
④洗顔後にすぐに化粧水をつけないと肌が突っ張ってしまう
⑤日焼けするのが好き、またはしている 
⑥猫背である 
⑦肩こりや首のこりがひどい 
⑧口がよく空いている、半開きになることが多い 
⑨頭皮を指でマッサージした時に、顔の皮膚が一緒に動かない 
⑩食事の時、左右のどちらか片方ばかりの歯で噛む 
⑪二重アゴやエラが張っているのが気になる 
⑫目の下のところの毛穴が目立ってきた 
⑬パソコンを触ることが多い、または前かがみの姿勢になることが多い 
⑭目が疲れている、疲れやすい 
⑮寝起きに顔についているシーツや枕の跡が消えるのが遅い


どうですか、いくつか当てはまりましたか?では、何番が当てはまったかを見ながら次の対処法を見てみましょう。

①②③⑫⑬に当てはまった人

①②③⑫⑬に当てはまった人は、すでに頬のたるみが始まっています。もしくはたるみやすいようです。頬を押してプ二プ二しているということは、筋肉が少ない人に多いので、表情筋も弱いということになります。


表情筋が弱いとたるみやすいのです。さらにパソコンを操作したり前かがみの姿勢になりやすい人やダイエットを繰り返している人も皮膚がたるむ原因になりますので、このタイプの人は頬の筋肉を鍛える顔体操が有効です。

⑥⑦⑭⑮に当てはまった人

⑥⑦⑭⑮に当てはまった人は、顔全体の筋肉が硬くなってコリとなっています。コリとなってしまうと筋肉が硬くなり血行が悪くなります。そうなるとたるみやシワの原因となりほうれい線ができてしまいますので、このタイプの人はマッサージなどをしてコリをほぐして血行をよくしましょう。

⑧⑨⑩⑪に当てはまった人

⑧⑨⑩⑪に当てはまった人は、表情筋と呼ばれる筋肉が衰えている可能性があります。表情筋が太く弾力があることで肌のハリを支えているのですが、表情筋が衰えると細くなり肌のハリを支えることができなくなってしまいます。するとほうれい線ができてしまうということになるのです。このタイプの人は日々の生活の中で表情筋を鍛えるように顔体操などをしてみましょう。

④⑤に当てはまった人

最後に④⑤に当てはまった人ですが、肌が乾燥しているようです。乾燥はシワの原因になり、加齢と同様ほうれい線ができやすい一番の原因ですから、お風呂上りだけではなく乾燥しているなと感じた時はすぐに保湿するように、保湿を第一に心がけましょう。乾燥はシワの溝を深くしてしますので必ず保湿するように心がけてください。

関連ページ